atok

atok

売れ筋ランキング

日本語入力システムのソフトウェア

現在、パソコンや携帯電話といった機器は世界的に普及しています。
それは法人だけに限らず一般家庭においても同様で、いまやパソコン、携帯電話ともに一家に一台ではなく、一人に一台という時代になっています。
そんな中、そのパソコンやメールの用途として多く利用されているのが、メールやインターネットです。
これらの機能があるからこそ、こういった機械はここまで普及したともいえます。

 

そんなメールやインターネットの際、必ず行うことといえば文字の入力ですね。
メールの場合はそもそも文字を打つことが目的ですし、インターネットの場合も検索をする際には文字を入力します。
この何気なく使用している文字は、実は「日本語入力システム」というソフトによって成り立っています。

 

元々、機械というものは全世界共通のもの。
日本人だから日本語を使うというだけであって、たとえば日本のマンガや小説などのように、あらかじめ日本語で書かれているというわけではありません。
パソコンや携帯電話を購入した際、自然に日本語で入力ができるようになっているのは、この「日本語入力システム」が搭載されているからです。

 

日本語入力システムは、キー入力に対してソフトでの制御を行うことで成立しています。
カタカナや漢字など、複雑な日本語を対応させるのはなかなか難しい技術ですが、現在においては完全に確立していて、いくつかのソフトが開発、販売されています。
その中でも特に有名なソフトが、「atok」と「Microsoft IME」です。
このatokとMS-IME以外にもたくさんありますが、一般的なのはこのふたつです。

atokとは

日本語入力システムソフトの中でも、特に普及しているソフトは、「atok」と「Microsoft IME」ですが、このうちの「Microsoft IME」は、ほとんどのWindowsに標準搭載されているので、パソコンを使用している人の多くが既に使いこなすことができています。
そのため、MS-IMEに関しては、あまり意識しない中で使用方法を覚えたという人が大半ではないでしょうか。
その一方、もうひとつのスタンダードであるatokに関しては、改めて導入する人が多いかと思われます。

 

atokは、ジャストシステムが開発、販売を行っている日本語入力システムです。
Windows、Macintoshいずれにも対応できるシステムになっており、その他の多数のOSに対応可能な、まさにスタンダードなシステムになっています。
Windows95が普及する以前の、PC-9801時代のパソコンには、「一太郎」というワープロソフトが一般的に標準搭載されていました。
そして、「WORD」同様、ワープロソフトの代表格であるこの一太郎で使用されていた日本語入力ソフトがatokだったので、昔パソコンを使っていたという人には、既に馴染みのあるシステムかもしれませんね。

 

そんなatokですが、その名称の由来は、「Advanced Technology Of Kana-Kanji Transfer」の各頭文字から取っています。
これは比較的近年になって明らかになったことで、それ以前にはいくつもの諸説が存在していました。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ